活気を生み出す  コスパが良い 優れたアピール のぼり設置場所の工夫 色の活用
SITEMAP のぼり旗定期的に替える シルク印刷との違い オリジナルのぼり旗を作る 注目を集める 訴求力
オーダーのぼりを作成して印象づける 簡単にのぼり旗を注文 費用面 風にはためくのぼりが多数立っている 使用上のルール 限定感を煽る 小さいサイズ ネットオーダー

お店の特徴をアピール 


オーダーのぼりを置く理由の1つにお店の特徴をアピールするというものがあります。
普通にお店を構えて流れに身を任せた運営をしていると、お店の魅力がしっかりと
伝わらないことがありますが、オーダーのぼりのように要点を押さえた
インパクトのあるアイテムを置くことで、見てくれたお客さんにお店の魅力を
きちんとアピールできるようになります。

お店の魅力

よくあるパターンとしては、飲食店の場合ですとお得なランチを行っていることを
アピールするというもので、道行く人に見てもらえれば集客につながることもあります。

衣料品など物を売るお店の場合であれば、お得なセールを行っていることが
伝わるデザインの物を立てておくと効果的です。

ドラッグストアなどでポイントの倍率が高い日であることを伝えるという手もあります。

買取業務を行っている業種の場合であれば、出張買取という便利な買取システムを
取り入れていることをアピールするのも良いでしょう。

このように、アピールできることは多々ありますが、オーダーのぼりであれば
デザインを自由に決めることができますので、伝えたいことをピンポイントで伝えられます。

デザイン自由

既成デザインの場合だと、融通が利かない場合がありますが、完全オリジナルのデザインなら問題ありません。

お店の特徴を正確に伝えるためには文字以外の物を載せるのも効果的ですが、
完全オリジナルのデザインであれば写真を入れることもできますから
かなりストレートな形でアピールができます。

 

江戸時代の循環型社会に学ぶ!現代のリサイクル事情

リサイクルという言葉は、1974年 発祥の「リサイクル運動市民の会」が元になっています。
当時は日本語に適切な言葉が無く、元東大教授の糸川博士が市民活動団体に対して名付けました。
それが日本で現出したのは、高度経済成長下の環境汚染問題や、それに付随する廃棄物問題が顕在化したことが大きい要因です。

現在では当たり前のように行われていますが、その概念は江戸時代から受け継がれたものでした。
一般に江戸時代は、それが発展していたと言われます。例えば江戸で排出された糞尿は集められ、近郊の農業のための堆肥として
利用されていました。

そして、そこで栽培された野菜はまた江戸で売られました。古い草履は堆肥にされ、再利用されました。
質屋や古着屋は日常で無くてはならないもので、無駄を無くしゴミの排出は最小限におさえられていました。

このように江戸期の日本は物を再利用しやすい循環型の社会でした。しかし、江戸はある一面では参勤交代や単身赴任者などが
中心となった消費型都市であり、現在の日本と同じようなゴミ問題を抱えている部分もありました。

人口が増加したり、経済が発展したりするとこのようにゴミ問題が処理しきれなくなった表面化します。
問題が顕在化する前に管理、抑制することが重要です。