活気を生み出す  コスパが良い 優れたアピール のぼり設置場所の工夫 色の活用
SITEMAP のぼり旗定期的に替える シルク印刷との違い オリジナルのぼり旗を作る 注目を集める 訴求力
オーダーのぼりを作成して印象づける 簡単にのぼり旗を注文 費用面 風にはためくのぼりが多数立っている 使用上のルール 限定感を煽る 小さいサイズ ネットオーダー

どんなサイズがあるのか確認しよう 


のぼり旗は費用の負担が少なく、それでいて見た目のインパクトもありますので
店舗の前やイベント会場など人を集めたい様々な場所に活用されています。

軽量なので、持ち運びも簡単にできますし、設置場所を変更するのも簡単です。

のぼり旗はすべてが同じ大きさなのではなく、いろいろなサイズがありますので
目的に応じて選んでいきましょう。そして、設置する場所に合っていることも大事ですので、
設置スペースのことも考えてサイズを決めていきたいところです。

のぼり設置の考慮

一般的にのぼり旗と呼ばれるもので、特によく選ばれているのがレギュラーサイズです。
レギュラータイプは飲食店や商店街の店舗の前に良く設置されているもので、
流通量も特に多くなっています。

異なる種類ののぼり旗をたくさん並べたい場合はこのサイズを選んでおくと良いでしょう。
とにかくインパクトを与えたいのであれば、ジャンボタイプも向いています。

レギュラーサイズよりもかなり大きいので、遠くからでも良く目立つというメリットがあります。

設置場所に十分なスペースが取れるのであれば、大きめのものでも問題ありませんが、
場合によっては通行の邪魔になることもありますので注意が必要です。

 

よりコンパクトなサイズに注目しよう

のぼり旗は目立つことが大事ですが、通行の邪魔になってしまう、通行の際に
危険があるというのは困ります。より安全に案内をするのであれば、
小さいタイプののぼり旗に注目してみましょう。

道幅が狭く歩行者の邪魔になってしまう場合はスリムサイズが向いています。
遠くの人にアピールするのではなく、近くを通る人にアピールしたい場合は、
ショートやスリムショートタイプも向いています。

これらの小さいサイズはレギュラータイプよりも縦横が短くなっており、
設置場所が狭いときも置きやすいのがメリットです。

天井が低く、通路が狭い場所に設置するなら、縦の長さがレギュラーの
半分程度のハーフサイズも向いています。ちょっとしたスペースを利用して
案内をしたい場合は、卓上サイズも役立ちます。

コンパクトなのぼり

のぼり旗は屋外に置くことが多くなっていますので、天気や風の影響も受けやすくなっています。
間違った設置をすることで、怪我や事故を招いてしまう可能性もありますので、
設置する場所やサイズはしっかりと考えておきましょう。

何等かのトラブルがあると、お店のイメージダウンにつながることもありますので、
目立つことだけを考えずに安全な設置を心がけたいものです。